縁する環境から学ぶということ

10月に入り、
涼しく過ごしやすい季節になると

急にねむくなって、ボーっとしてしまうことはありませんか?

私は今日、まさにそんな一日でした…^^

今日は、私がご縁をさせていただいているマスターオブライフ協会について
お話したいと思います。

縁する環境がすご~く大事!

この春から、
第4期NE運命解析士の講座がスタートしているのですが、

去年 第3期NE運命解析士講座を卒業したばかりの私たちが、

共に学ぶと書いて “共育”  (きょういく) といって、

次期の方たちと共に学ばせて頂きながら、
最終テストまでの道のりをサポートしていくという機会を頂いています。
仕事やプライベート忙しい中で、みなさん志をもって学習に挑んでおられます。

私たちも同じようにゼロからスタートし、まだまだ経験が少ない中ではありますが、

大切なことをお伝えするにはどうしたら良いか、創意工夫が試されるのです。

4期の方たちと共に時間を過ごしていると、おのずと 刺激を受けています。 

初心忘れるべからず といいますが、本当にその通りで

なぜ、学び始めることになったのか、
目的を思い出させていただいています。

こういったご縁がなければ、いくら学んだとしても、実践もなく終わってしまうと思います。
少々大変でも、心地よい環境よりも
こうやって伸ばしていける環境を選ぶことが 重要だと感じます。

涼しくて心地よい秋の季節のように、
例えばそれがずっと続いていたら
どうなってしまうのだろう
と、

第4期の方たちとの交流の中で感じていました。

同じ方向へ向かって歩む仲間達から学ぶこと

「本当の自分へのパスポート」を購入して、
何度も何度も目を通し、
どこか、超えられてきた気は している

けれもど

まだまだ。 慣れてくると その気づきや 今度こそは変わる という信念を
ふと、忘れてしまいそうになる瞬間がないとは言えないのです。

そこが、自分自身の持つ 「罪状(課題)」と言われるもので、
分かった気になって、実践が伴っていないという事になると

結局、頭でっかちになって知った気になって 横滑りを繰り返してしまうのです。。

いくら理想を掲げ知識だけ入れたとしても、実践がなければ上手くいくことなんてないし、
そういったものは長く続かない
のだそうですね。

本当に日々のコツコツ、 継続していくことが大事ですね。

言われたことをやるような、奴隷マインドとは違う

自分の魂の目的に沿ってやると決めたなら、信念をもって やり切ることです

これは同じ志をもつNE運命解析士の仲間から再度、気づかせてもらったことです。

自分自身がしっかりそのことを理解し行動していくとともに
共育(きょういく)で関わらせていただいているメンバーや、協会のメンバー、
さまざまな形でご縁を頂いている方へも しっかりとお届けできるよう、
気持ちをしっかり立てていきたいと思います。

いつもありがとうございます

⇒【関連タブ】NE運命解析学

関連記事

  1. 繰り返しのパターン

  2. 痛みと思考の関係~メタトロン外来

  3. 8月のウィルス感染

  4. 雨上がりの日曜日